依頼の多い仕事と依頼可能な仕事

興信所や探偵事務所に依頼できる身辺警護

興信所や探偵事務所に対して、最もコンスタントに依頼が来ることから調査業務しか請け負っていないと誤解される方もおられるかもしれませんが、その興信所や探偵事務所が請け負っていれば身辺警護の依頼も可能です。

身辺警護は、ストーカー対策や不審者対策の一種ですが、探偵には警察のような逮捕権がある訳ではないので、一般人同様に犯罪の現場に居合わせた場合と、犯人の素性が知れず逃走のリスクがある場合の、二通りの場合における現行犯逮捕以外はできませんし、探偵であることは犯人逮捕に役立ちません。

そのため、興信所や探偵事務所による身辺警護は、あくまで自衛手段の一種に留まるため、ストーカーや不審者を発見しても現行犯でない限りは、依頼者の護衛と警察への通報しかできないのです。

最も多く探偵に依頼される仕事は浮気調査

調査業務を主体とした仕事を請け負う興信所および探偵事務所ですが、依頼の大多数を占める男女関係の調査依頼の中でも、特に多いものが浮気調査の依頼で、不倫を含めた浮気調査の割合は、探偵の業務の七割を占めます。

浮気調査が調査依頼の七割を占めることからもお分かり頂けるでしょうが、ほとんどの興信所あるいは探偵事務所の主な収入源は浮気調査なのです。

この依頼数の多さを考慮すれば、男女関係の調査依頼に特化した興信所や探偵事務所が多数存在していることもご納得いただけるのではないかと思います。

ちなみに、浮気の調査依頼はこれまで、男女比が3対7で、年齢層は30代から50代が8割でしたが、近年は年齢層こそ変化が見られないものの、男女比に変化が見られ、男性の浮気調査依頼者も増加傾向にあるようです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ