興信所や探偵事務所を選ぶ際の基本的な留意点

探偵って具体的にどんな仕事?

探偵といわれると、よくフィクションに出てくるような殺人事件をはじめとした難事件を解決したり、謎の組織と戦いを繰り広げるような名探偵を思い浮かべたりしませんか。

興信所や探偵事務所の利用経験が無い人や、今後利用する予定が無い人は、フィクションの名探偵への憧れを抱き続けることも悪くはありませんが、実際に興信所や探偵事務所を利用する可能性があるのであれば、やはり探偵業の正しい業務を知っておくべきです。

さて、探偵の具体的な仕事ですが、依頼人ないし依頼してきた法人の依頼に応じた調査業務が主で、フィクションのように刑事事件を調査したりすることはありませんし、よって犯人逮捕やアリバイ崩しにも関わることはできません。

地味に思われるかもしれませんが探偵業は調査業務が主な仕事なのです。

一般的な興信所や探偵事務所が請け負う依頼

探偵、つまりは興信所や探偵事務所が請け負う依頼は調査業務が主となる訳ですが、具体的には男女関係の依頼が多く、素行調査や浮気調査、結婚前の経歴・素行調査などが半数以上を占め、個人からの依頼としては、盗聴器の調査やストーカー調査、家出人の調査といったものがある他、法人からの依頼としては企業の内部調査が、それぞれ興信所や探偵事務所に依頼される調査依頼です。

これ以外の依頼も存在しますが、一般的な興信所や探偵事務所が請け負う仕事は、基本的に前述したような調査依頼が中心に請け負われていますが、男女関係の依頼の多さから、男女関係の調査依頼のみを専門的に扱う興信所や探偵事務所も少なくないので、調査を依頼する際には、興信所もしくは探偵事務所が自分の求める調査依頼に対応しているかを確認しておく必要があるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ