お稽古にはどれくらいかかる?

初心者用バイオリン

バイオリンと聞いたら、なんとなく高いイメージがありますよね。確かに高いものもたくさんありますが、初心者が手軽にはじめられる1万円前後のものもあります。どんなものか興味があるのでやってみたい、続けられるかどうかわからないと不安に感じる方にはお手頃でいいのではないでしょうか。ただ、やはり安価なものは、あごあて部分がプラスチック素材であったり、組み立ての時に使われる接着剤が自然素材ではなくボンドであったり、機械で仕上げたプレス品であるため時間がたつと悪い音が出やすくなります。一度、楽器屋さんなどで弾いてみて音が気に入らない、せっかく弾くのだから美しい音を楽しみたい方には、5万円前後で職人さんが手作りした手工品のバイオリンもあります。

その他に必要なもの

バイオリンを買ったら、その他に弓やケースや肩当てに松脂が必要です。弓もバイオリンと同じように安いものから高いものまでありますが、だいたいの目安は買ったバイオリンの半分くらいの価格のものがいいと言われてます。また良い弓を使うと音色も良くなると言われてます。バイオリンを安価なものを買ったとしても、のちのち上達してバイオリンを買い換えた時のことを考えて少し高めの弓を買うのも良いでしょう。
バイオリンケースは5千円前後から何万円もするものがありますが、バイオリンとケースのバランスを考えて、バイオリンの価格にあったものを選ぶといいでしょう。
肩当ては、バイオリンが滑って落ちてしまわないように支えるためのものです。千円前後から何万円もするもありますが、はじめはそれほど高いものは必要ないでしょう。
バイオリンの演奏に不可欠な松脂ですが、松脂によって音も違ってきますので千円以上のものを選びましょう。