興信所や探偵事務所を選ぶ際の基本的な留意点

本項は、探偵業に類される興信所や探偵事務所でのスタンダートな取扱業務と、一般的に探偵業に依頼される依頼の内容についてまとめることで、閲覧者の探偵業全般に対する基本的な理解を深め、興信所や探偵事務所を利用するために役立つ知識の提供を目的としたページです。

依頼の多い仕事と依頼可能な仕事

興信所もしくは探偵事務所といった探偵業が請け負う、調査業務以外の業務に言及すると共に、最も依頼が多い仕事についても提示し、ややマイナーな業務と探偵業の本業と言っても過言ではない調査業務の需要状況について大まかに述べることで、探偵業の実情に迫ることを目指しました。

違法な興信所や探偵事務に注意

2000年代後半まで法規制が存在しなかったことで、イリーガルなイメージが未だに強い探偵業ですが、2007年の探偵業法の施行で規制が行われたことで、合法業者と違法業者に分かたれました。 本項では、現在の探偵業界のモラルや違法業者の使う道具の一部を明示し、違法業者に騙されないための注意喚起を促しています。

探偵の仕事と一般的な依頼

ネットを含めて、無数の興信所や探偵事務所がある中、優良な興信所ないし探偵事務所を探すのは中々骨が折れる作業です。

ただし、探偵業法の施行や探偵業界の自粛もあり、違法な業者や悪質な業者を見分けることは決して不可能ではありません。

違法な興信所あるいは探偵事務所を避け、合法な興信所もしくは探偵事務所を探すために、いくつかのポイントを提示します。

第一のポイントは価格の表記と支払方法で、依頼の目安となる価格を明示しておらず、前払いを要求する業者は、まず外れなので除外してしまいましょう。

第二のポイントとして、立地と規模が挙げられ、マンションの一室のような小規模な事務所を持つ業者には十分な調査能力が期待できませんので、こちらも除外対象です。

第三のポイントになるのは取扱業務で、恋愛工作全般 (出会い工作・別れさせ工作・復縁工作) を取り扱っている業者は、違法でこそありませんが、業界が自粛している限りなく黒に近いグレーゾーンの業務を取り扱っていることから、モラルが疑わしいため、やはり除外対象となります。

最後のポイントはGPSや盗聴器を使用した調査を行っているかどうかで、GPSと盗聴器の使用は迷惑防止条例に違反していることから、条例や法を犯した調査を禁じる探偵業法に抵触するので、逃れようなく違法業者であることが確定です。

やや冗長となりましたが、以上四つのポイントさえ押さえてしまえば、違法な業者や悪質な業者に騙される確率が格段に低くなるので、興信所や探偵事務所をお探しの際は、是非ご留意ください。